キャッシングの新定番「ちょい借り」

今までは、キャッシングといえば数十万円という額を借りて、少しずつ返していくといったイメージだったと思います。しかし、賃金業法の改正により総量規制が実施されることとなりました。この結果、年収の3分の1までの借入額までしか消費者金融から借りることは出来なくなりました。結果、今までキャッシングに頼っていた人たちが少し困っているのが現状です。

金額が増えてくると収入証明書など煩雑な手続きや証明が必要になってくるケースも多く、実際生活費が少し苦しい時などに、キャッシングを利用していた人たちは不便さを感じています。

さて、こういった不満をビジネスチャンスだと考えるメガバンクやカード会社が、生活費や冠婚葬祭などに使うような小規模なキャッシング専用のサービスを開始しました。利用額は30万円など、これまでの100万円、200万円と言った額よりは小規模で、月々の返済額も1万円や5万円といった、無理のない返済をすることが出来るサービスです。

限度額が比較的小規模なので、収入証明なども不要なところがほとんどです。元々、生活費が足りない時などのちょい借りをしていた人たちには、まさにうってつけのものとなっています。利便性を追求した結果、専用のキャッシングカードは作らずにネットや電話での申し込みに応じて、翌営業日に振り込まれるスタイルで成功している銀行もあります。これは銀行口座に直接振り込まれるので、ATM手数料などで金額が減ることもなくて済み、消費者のニーズにあったスタイルといえるでしょう。キャッシング専用カードは見る人が見ればそうだと分かってしまいますが、これならばそんなこともないというのも使う人の立場にあった形ですね。

このちょい借りのサービスの審査がどれくらいの厳しさなのかが気になる方も多いのではないでしょうか。実際には限度額がそれほどではないので、審査で難しいと判断されても限度額の方を下げて対応してくれることもあります。年利も銀行のサービスなのでそれほどではなく、10%以下の年利で借りることの出来るキャンペーンを行うこともあります。

あらかじめ、こういったちょい借りの口座を作っておけば、少しお金が足りないなといった時に直ぐに対応ができます。また、返済も無理のない返し方が選べますので、延滞などの返済事故を起こしてブラック行き、といったことも少ないでしょう。ちょい借りのニーズは今後高まっていくことでしょう。

注目サイト

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) キャッシングの新定番「ちょい借り」 All Rights Reserved.